赤ちゃんの夜泣き改善のためにできる方法、効果があるもの

赤ちゃんの夜泣き改善のためにできる方法、効果があるもの

赤ちゃんの夜泣き改善のためにできる方法、効果があるもの

赤ちゃんは生まれてすぐのころは、授乳をしている以外はずっと眠っていますが、生後3ヶ月ぐらいを過ぎてくると周囲の環境からさまざまな刺激を受けて脳がさらに発達していくと夜泣きが始まります。

 

この夜泣きは赤ちゃんの成長上とても自然なことなのですがお世話をしているお母さんやお父さんから見れば本当に大変な時期です。赤ちゃんによっては1ヶ月ぐらいで収まってくる場合もありますが長い場合ですと2、3ヶ月もの長期間夜泣きに悩まされることもあるので深刻です。夜泣き改善のためにできる方法というのをネットでも多数見つけることができますが、その中で効果があるものを紹介していきます。

 

お風呂のタイミング

 

入浴は赤ちゃんにとってもとても気持ちが良いものです。お風呂で体を温めてあげると眠気を誘うというのは確かにあるのですが、ここでお湯はあくまでもある程度ぬるめに近い温度に設定するようにしましょう。熱めのお風呂は交感神経を活発にしてしまうので寝つきが悪くなったり、あとから体が温まり過ぎて不快に感じてしまって夜泣きを誘発することがあるので注意が必要です。

 

就寝前は静かに過ごす

 

寝る直前にテレビを見せたり音楽を聞かせたりすると脳が寝る準備に入れません。そのまま眠ると起きていた時にテレビから受けていた脳刺激が継続して睡眠の途中で急に起きて夜泣きが始まってしまう原因になるのです。ですから入眠前には静かな声で絵本を読み聞かせてあげるぐらいにとどめておいたほうが刺激を与え過ぎずちょうど良いでしょう。

 

昼間に長時間の外出をさせない

 

昼間に日光浴をしながらベビーカーでお散歩をしたり、公園で支えて歩かせてあげたりといった体を適度に動かすことは精神的、肉体的な発達のために必要不可欠なことです。ですがあまり興奮させすぎてしまうと昼間の興奮がいつまでの脳に残ってしまい、刺激が継続されて夜中に急に脳だけが覚醒し夜泣きを起こすことがわかっています。夜泣きが気になっている時には長時間の外のお散は控えめにしてあげると良いでしょう。

 

夜泣きのときには涼しくしてあげる

 

夜泣きが始まると、体温が急上昇して汗びっしょりになってしまうことが多いでしょう。すみやかにパジャマを着替えさせてあげ、下着だけにして涼しくしてあげることが大切です。熱いままで不快な状態を続ければいつまでも泣きやみません。ですから夜泣きが始まったら薄着にしてあげるという方法を試してみることをおすすめします。また白湯を飲ませて落ち着かせてあげるのも良い方法です。


ホーム RSS購読 サイトマップ