冷え性の女性はに妊娠しづらい?妊娠しやすい体のつくりかた

冷え性の女性はに妊娠しづらい?妊娠しやすい体のつくりかた

冷え性の女性はに妊娠しづらい?妊娠しやすい体のつくりかた

妊娠しやすい体を作るためには体を温めることが大切です。1年中靴下がないと眠れない、クーラーがつらいといった冷え性の女性が少なくありません。体を温めて妊娠しやすい体を作っていきましょう。

 

温める食材

 

妊娠するためには子宮と卵巣の状態をよく保つ必要があり、状態をよく保つためには体を温めることが必要です。温めることで血流がよくなり、子宮と卵巣に栄養と酸素が行き届き、よい状態を保つことができます。
サラダとコーヒーだけの食事、お昼はパンやパスタなどの単品メニュー、お菓子を食事代わりにしたりしていませんか。

 

このような食事では体が冷えてしまうだけでなく、必要な栄養も不足してしまいます。

 

生姜、ニラ、ネギは体を温めるおすすめ食材です。生姜はスープ、炒め物、ドリンク、煮物などいろいろな料理に活用できるので便利です。粉末やチューブ入りでも温める働きがあり、外出先でも手軽に活用できます。ニラやネギはよく加熱して刺激を和らげて食べましょう。

 

運動不足解消

 

1日中デスクワークをしたり、車や電車での移動などで運動不足になっている方が少なくありません。運動不足になると筋肉が減少して代謝が低下し、冷えやすい体になります。

 

やせすぎは女性ホルモンに影響を与えるので激しい運動を長時間行うのは避け、適度な運動をして筋肉をつけましょう。適度に筋肉がつくと基礎代謝が上がって巡りがよくなります。運動することでも体温が上昇します。また、妊娠してからお腹を支えるための筋肉などをつけることもできます。

 

服装で温め

 

お腹は絶対に冷やしてはいけません。腹部には子宮や卵巣など女性にとって大切な臓器が集まっています。

 

腹巻をするとお腹を冷えから守ることができます。腹巻なんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、抵抗なく身につけられるデザインの腹巻がたくさんあります。天然素材だと保温性があり肌触りもよいです。

 

足元が冷えると全身が冷えてしまうので、足首を温めるようにします。レッグウォーマーで寒さから守りましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ