授乳時の乳首の痛みの対処方法

授乳時の乳首の痛みの対処方法

授乳時の乳首の痛みの対処方法

授乳はママになった実感を感じる時間で嬉しいはずです。しかし、中には乳首を吸われて痛い思いをしている人もいます。

 

ここでは授乳時の乳首の痛みに対処する方法について解説します。

 

乳首が痛い時の対処

 

本来は授乳は痛みに耐えながらする事ではありません。しかし中には授乳時に痛みを感じる人がいます。この授乳時の痛みに悩む人の多くはまだ授乳に慣れていない生後0から2か月のママと、赤ちゃんの歯が生えはじめる生後6か月以降のママです。授乳をする事で乳首が痛くなる原因は次のようなものがあります。

 

痛みの原因は飲ませ方に問題あり

 

赤ちゃんの体がねじれるとか、赤ちゃんの胸とお腹がママのお腹から離れて、隙間がある状態で授乳すると赤ちゃんはおっぱいをふかく吸い込み事ができません。そのために浅飲みになります。その結果乳首が痛くなります。赤ちゃんがおっぱいを口に含んだ際に、ドナルドダックのような口になっていたら、うまく哺乳できている証拠です。

 

もし、乳首だけを浅くちゅぱちゅぱとくわえているようなら、浅飲みしているかもしれません。赤ちゃんが飲みやすいようにママはポジションに気をつけてあげてください。

 

赤ちゃんの吸う力が原因

 

授乳時に自分の力の加減を調整できない赤ちゃんは強い力で乳首を吸ってしまう時があります。赤ちゃんが強く乳首を吸っている時は母乳が足りていない時があります。授乳の時間や間隔を記録しておき、母乳の量が足りているかチェックしてみましょう。

 

赤ちゃんの歯が原因

 

赤ちゃんの乳歯が生えてくる時に歯茎がむずむずしてしまうので、何かを噛んだりしようとします。この事で授乳中にママの乳首を噛んで傷をつける結果になります。

 

遊び飲み

 

月齢が少し上がってくるとおっぱいをおしゃぶりの代わりのようにしたり、授乳に集中できないでおっぱいを口に含みながら、遊ぶ赤ちゃんもいます。この事を遊び飲みと言います。授乳は痛みに耐えてする必要は本来はありませんここで挙げた中で気になる事はあありましたか?思い当たる人は対処していきましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ