ベルタ葉酸の働きと妊婦さんへの影響

ベルタ葉酸の働きと妊婦さんへの影響

ベルタ葉酸の働きと妊婦さんへの影響

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。最初にほうれん草から抽出されたことで名づけられました。葉酸は体内で他のビタミンB群とともに働き、血液と深い関係があります。DNAやRNAを構成し、赤血球の合成にも必要で、アミノ酸の合成、タンパク質の生成・促進作用もあります。また、皮膚の粘膜を強化したり、口内粘膜を強化する働きもあります。

 

葉酸が不足すると、悪性の貧血や口内炎、食欲不振、下痢などの症状がありますが、特に問題になるのが妊婦の葉酸不足です。私が個人的におすすめしているサプリのベルタ葉酸についても紹介します。

 

ベルタ葉酸が妊婦に特に必要なワケは?

 

妊娠初期は、重要な器官である脳や心臓、腎臓、神経などが作られる時期です。活発に細胞分裂を繰り返して器官を形作るこの時期に葉酸が不足した場合、神経管の先天異常が発症する可能性があります。このため、妊娠前や妊娠初期には積極的に葉酸を摂取するように呼び掛けられるようになりました。厚生労働省では、妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは、1日400μgの葉酸を摂取するよう推奨しています。

 

通常、妊娠に気づくのは妊娠6〜8週ですので、妊娠の可能性のある女性は、日ごろから積極的に葉酸を摂るようにすることをおすすめします。

 

15歳以上の成人男女が必要な葉酸の量は1日200μg、授乳中は1日280μgとなっています。出産後も、授乳中は十分は葉酸が必要になります。だからこそ、ベルタ葉酸でたっぷりと葉酸をとってほしいという思いがあります。

 

葉酸が含まれている食品は?

 

葉酸は、肉類、魚介類、野菜、果実などさまざまな食品に含まれています。野菜より、レバーなどの動物性食品に多く含まれます。

 

ただし、調理や長期保存することで損なわれるので、新鮮な生野菜や果物もバランスよく摂る必要があります。また、毎日排出されるため、継続的に毎日摂取しなければいけません。

 

サプリメントは、食品より吸収率が高く、厚生労働省では必要量の葉酸を摂取するために、補助食品も活用するようにすすめています。特にベルタ葉酸を推奨する口コミが多いですね。妊活中から妊娠、授乳期まで必要な葉酸を効果的に摂取できるサプリメントを上手に利用しましょう。

 

ベルタ葉酸の口コミまとめはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ