お互いが楽しめるセックスをする事で、妊娠する可能性が高まる

お互いが楽しめるセックスをする事で、妊娠する可能性が高まる

お互いが楽しめるセックスをする事で、妊娠する可能性が高まる

子供が欲しい。家族を持ちたい。この人の子供を産んであげたいと願っても肝心の子供ができずに今日も戦っている夫婦がいます。妊娠率を高める方法にはいろいろありますが、その一つにはセックスの仕方があります。ここでは妊娠に導くセックスについて勉強しましょう。

 

妊娠率を上げるセックスの時期

 

排卵日は月に1回しかありません。この大切なタイミングを無駄にしてはいけません。そのためにはいつセックスするのかという事です。卵子と精子の寿命からいうと、妊娠率を高めるには排卵日を含む前後5日間のうちにセックスするのが望ましいところです。中でも一番妊娠の可能性を上げるのが、排卵日の前日です。次は排卵日当日と言われています。

 

妊娠と体位

 

セックスの体位が妊娠率と結びつくのかどうかは実はまだはっきりとはしていません。しかし膣内に射精された精子がスムーズに子宮に進むために適している体位はあります。それは正常位や後背位、側仰位、後背位、後側位などです。子宮の入り口に精液が溜まるような角度で射精する事が出来れば、精子が侵入しやすくなるので、受精の確率が高まると考えられます。精子の侵入を妨げないためには、セックスの後も大事になります。女性はすぐに動かないで、膝を立てたり、腰を高くして10分ほど静かにしておくと良いでしょう。

 

オルガニズムと妊娠率

 

女性がオルガニズムをむかえると精子をより多く取り込もうとしますから、膣の奥が広がります。そのため妊娠率が高まると言われています。また、自然排卵動物を使用した実験においても、オルガニズムが排卵を促す可能性がある事が実証されています。このようにオルガニズムを感じるセックスをすれば、妊娠率を上げる事ができるのです。お互いがリラックスした良いセックスはオルガニズムを感じやすいので、自然とセックスの回数も増える事でしょう。お互いが楽しめるセックスをする事で、妊娠する可能性が高まるので、夫婦で工夫してみると良いでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ